Zzataka

クラピカって死ぬの?

80 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2014/06/04(水) 17:07:55.01 ID:kQtJFLU70.net
»75
特定は避けたいのでちょっと…展開によるとしか言えないけど今はクラピカについては考えてないな

日本では『左が過去』派の方が多いということです。
多くの人がそれで「しっくりくる」「使いやすい」というのなら、詳細記事のページ送りは『左が過去で右が未来』でいいのかもしれません。。

それなりに長いこと生きてきて、
何度も考えるようないろんなことを、
「こういうことなんじゃないか?」と、
暫定的な仮説や、じぶんなりの定義の「引き出し」に、
入れておくようになりました。

もちろん、「引き出し(整理棚)」というものは、
ずっとそのままにしておいたらカビが生えてしまうし、
仕舞い忘れたままだと改良や改訂もできませんから、
しょっちゅう取り出して掃除することが必要です。

たいていは、憶えたらそれで終わりということよりも、
答えの見つけにくいことについて考えて、
「引き出し」に仕舞ったり出したりしています。

「気が合うってどういうことなんだろう?」とか、
「色気ってのはなんなんだ?」とか、
「ほんとうに貧すると鈍するのか?」とか、
「人がわるく変わるという場合の理由って?」とか、
「死ぬってどういうことなんだ?」とか、
「人の考え方ってどういうふうに決まるのか?」とか、
「ずっとうれしい気分で生きられる方法は?」とか、
「ヘンタイってどこからどこまでのことなのか?」とか、
「背の高さで人の考えは変わるのか?」とか、
「擬態する動植物は、じぶんをどう見てるのか?」とか、
ま、雑然といっぱいあるわけです。
調べればわかるようなこともあるのでしょうが、
調べても納得できないことは、まだ「引き出し内」です。

ぼくが、誰かとしゃべっているときとか、
なにか文章を書くときというのは、たいてい、
この「引き出し」から何かを取り出しているようです。
このところ、開け閉めの激しい「引き出し」には、
こういう暫定的な仮説が入っています。

<ヒロイズムと保身。
たいていのろくでもないことの元凶は、
このふたつなんじゃねーかい。>
そういう目で、いろんなものごとを見てるのですが、
どうも、けっこう当たりなんだよなぁと思っています。

原因を探ると、電子教材における著作権の問題が浮かび上がった。

 県教委によると、教材データの取り込みは当初、DVDやSDカード、USBなどを生徒一人一人に配る予定だった。福田孝義・副教育長は「記憶媒体は簡単に持ち運びができ、端末の容量が重くなることもない。使い勝手が良いと判断した」と振り返る。

 ところが、それに「待った」がかかったのは昨年11月。電子教材を扱う業者側が「記憶媒体に取り込んだ教材は不正にコピーしやすく、著作権が侵害される恐れがある」と指摘し、記憶媒体を使うには「不正コピーを防ぐ技術を記憶媒体に施すこと」との条件を出してきた。このため、県教委では、不正コピーを防ぐ技術を研究したが、時間的な問題もあり、今年2月になって断念。結局、業者側のサーバーからデータを端末に直接ダウンロードする手法に切り替えた。各学校に伝えられたのは、入学式を間近に控えた3月下旬だったという。

 その結果、県立高校36校のうち34校で、電子教材が端末に取り込めないトラブルが発生。全ての電子教材の取り込みが終わったのは5月23日で、当初の予定より1か月余り遅れた。

m92o:

(via Twitter / udama1212: ガラスのテーブルに猫のご飯を置いて下から食事の様子を撮影した …)

イクことの難しさを例えると、

オナニーでイケる=自転車に乗れる セックスでイケる=一輪車に乗れる 誰のちんぽでもイケる=両手離し運転

といった感じです。

イケるかイケないかの違いは、自転車に乗れるか乗れないかの違いみたいなものだと思います。ある時突然乗れるようになって、乗れなかったのが何故だったのか自分でもわからないような感覚でしょうか。ちょっとしたコツを掴めば、その後は当たり前のように乗れる。
38 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/06/03(火) 02:03:04.53 ID:hT7G+z9U0 自由競争自由競争言っといて、自分は特定企業に便宜を図ってさっさと
天下りとかさすがですねw

39 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/06/03(火) 02:06:32.43 ID:+cIuwQak0 »38
ほんと口で何と言おうと結果が全て物語ってるよな
パソナ会長だっけ?分かりやすすぎだろ
大事なのは今日のご飯がおいしいこと。

There is no alternative to market. - Chikirinの日記

よく聞くけど、これって結構深いと思う。

(via sawutwo)

さて、実際に風を起こして世の中を変えるにはどのくらいの人数が必要なのでしょうか?

近年の有権者数はおよそ1億人前後で推移していますので、便宜上各選挙の有権者数は1億人とします。

2000年 投票率 64.45%、 得票差  9.52%、 推定人数 約614万人
2003年 投票率 59.86%、 得票差  3.58%、 推定人数 約214万人
2005年 投票率 67.51%、 得票差  9.73%、 推定人数 約657万人
2009年 投票率 69.28%、 得票差 11.35%、 推定人数 約786万人

大体、650~800万人程度が「風」を起こしていると言えます。
では、若者にはどれくらいの「風」候補票が眠っているのでしょう。

2012年の世代別有権者比率は以下の通りです。
 20代   12.92%
 30代   16.85%
 40代   16.62%
 50代   15.00%
 60代   17.55%
 70代   12.79%
80代以上  8.26%

年金世代(60歳以上)は全有権者の38.6%を占めており、確かに世間で言うように「高齢者に有利」である事は間違いではありません。
一方、若者(20~30代)は29.77%と高齢者に比べてかなり少ないと言えます。

これだけ見ていると“やっぱり若者が世の中変えるなんて…”といった風に見えてしまうかもしれません。
しかし、実はそれは大きな読み間違いです。

高齢者の投票率は軒並み8~9割です。
つまり、高齢者の投票とは現在の投票結果を作り出している「固定票」に近い存在なのです。
高齢者に残された余剰票は殆どなく、これ以上世の中の流れを変える力はありません。

一方、若者の最近の「推定未投票者数」は以下の通りです。
2000年 20代 約797万人、 30代 約728万人、 合計 約1524万人
2003年 20代 約832万人、 30代 約830万人、 合計 約1662万人
2005年 20代 約695万人、 30代 約678万人、 合計 約1373万人
2009年 20代 約653万人、 30代 約609万人、 合計 約1262万人

「風」に必要な650~800万人を遥かに超える未投票者数が存在しています。
この票は「これまで存在していなかった未知の票」です。
まさに風を起こすことが出来る票と言えます。

政権交代選挙と郵政選挙の投票率が大体7割弱、若者の投票率と平均投票率との乖離は、20代で2割前後、30代で1割弱です。
仮に20代30代の投票率が“全体の投票率と同じ(=2割程度上昇)”になったら、約400万票弱が選挙の現場に追加されることになります。
これが負けた勢力に加わるだけで圧勝はなくなり僅差の勝利となりますし、優勢の勢力に流れれば圧勝を引き起こします。
若者の投票率がほんの少しだけ増加し、投票率が平均レベルになっただけで、若者の投票は働組合や宗教団体に匹敵する影響力を持てるのです。

これだけ見ても“投票に行っても世の中に影響を与えられない”という意見が嘘であることが分かります。

例えば膣口の直径が小さくて骨があたり入れるとき痛い、膣の長さが生まれつき短くて、おちんちん半分以上入れると痛い。 膣の内部が2つに仕切られてて痛い。 膣の入り口下部が弱く毎回切れて痛い。 膣内部の粘膜が凄く弱くて、ピストンの摩擦ですれて痛いなど、様々な先天的要因で性器の形状、性質により通常のHが難しい女性も少なからずいます。

挿入して激しいピストンだけが、セックスじゃないし、心と体を満たせれば挿入を伴わないセックスも可能だし、色んな工夫でセックスも楽しめます。

ちんこの大きさも長さも違うし、 ちんこ短い人は膣長い人を満足させられないのかといえば、膣短い人と相性よかったり、また別の方法もあるし。

ちなみにセックスに重点をおいた結婚なんていずれ年月重ねるにつれ破綻します。